女の人

いぼの種類や特徴を知って治療方法を探していこう

  1. ホーム
  2. いぼが出来る原因を把握

いぼが出来る原因を把握

鏡を見る人

比較的にいぼが出来やすい位置が首です。一般的に首いぼと呼ばれていることが多いです。首に出来るいぼとして、あげられる種類がアクロコルドンやスキンタッグという種類が多いです。では、今からいぼの原因を紹介していきます。日頃からネックレスなど、首に密着したものを付けている方に注意してほしいのが摩擦です。意外にも摩擦でも首いぼは出来てしまうのです。日常生活の中でネックレスを就寝時やお風呂の際もずっと付けっぱなしにしていると、摩擦が起きやすい状況になっています。他にも汗をかいた時や、お風呂で濡れた体を拭く際にも摩擦を起こしすぎると首いぼの原因となってしまうので注意しましょう。次に紹介したいのが紫外線です。シミやたるみの原因となる紫外線は、実はいぼにも関係することと言えます。それほど、紫外線が肌に与えるダメージは大きいといえます。顔は女性の場合にメイクなどで紫外線カットの日焼け止め効果が入った物も多いので紫外線対策の効果を得られます。しかし首は意外と日焼け止めを塗り忘れたり、塗っていない人の方が多いのが現状だと思います。紫外線でいぼが出来てしまう原因でもあるので、首まで忘れすにきちんと紫外線対策を行うようにしましょう。おすすめの日焼け止めは、紫外線散乱剤の成分が入ったものなので選ぶと良いでしょう。摩擦の件でも話したことと同じように、首に刺激を与えることもいぼの原因となります。冬はタートルネックを着ることが多いと思いますが、首が常にあたっている状態になるので頻繁に着用しないように心がけることも大切だといえます。他にも、ロングヘアーの方は髪の毛を常におろしていると、毛先が首に常に触れて刺激となっていることも多いです。だからこそ、こまめに髪を結っておくなどの対策をしたほうが良いです。首いぼは実は更年期まで関係して起こりうるものなのです。更年期とはホルモンバランスが急に崩れてしまうものなので、首いぼなどの症状が出来ると言われています。首いぼが突然出来て、悩む方は30代から40代に多いのも、そのことが要因になっていると考えられます。ホルモンのバランスを整えることも大事ですから、いぼが気になるところに出来てしまったのなら早めにクリニックなどで治療を受けることを推奨します。更年期の関係でいぼが出来やすくなるとお話しましたが、早い方では20代でもいぼは出来ます。出来始めとも考えられているので、原因を知って事前に予防することも大切だといえます。また、さらに早く出来てしまういぼは10代から出来てしまうこともあります。この場合、ウイルス性の可能性があるいぼもあるので注意と早期発見が大切です。そのため、早くに病院を探して正しい治療を受けることが何よりも大切なことです。そして肥満傾向にある方も首いぼが出来やすいと言われています。肥満と首いぼの関係性は明らかとなってはいませんが、いぼの出来やすい人の特徴としてあげられます。あくまで予測ですが、肥満は生活習慣の乱れなどが原因になっているので代謝が悪くなり出来やすくなる可能性も考えられます。他にも汗や衛生面のことから考えても肥満は要因になりやすいといえます。肥満の他にも、妊娠がきっかけとなっていぼが出来るケースもあるようです。はっきりとした関連性や原因はまだわかっていないのが現状です。しかし、妊娠するとホルモンバランスに変化が起きるので、ほくろやいぼが出来やすい要因は揃っていると言っても過言ではありません。いぼは首だけでなく、体にも出来るものです。そしてその体に出来たいぼについて注意してほしいのが、かゆみを伴ういぼについてです。特にかゆみが起きやすいと言われるいぼは、老人性疣贅や脂漏性角化症のいぼです。この2つのいぼは、元々かゆみを伴うものなので気にしなくて良いのですが、注意して見極める必要のあるいぼがあります。それについての特徴は急激にいぼが増えて、その部位が手足や胴体だった場合とさらにかゆみがある症状の時です。それらの特徴があるいぼは、ガンの可能性が考えられる場合もあるので、心当たりのある場合は病院で受診することが重要です。ガンは健康に関わってくることなので、不安要素は即座に解決していきたいものです。いぼ自体が良性のものでも、体内にガンが潜んでいることも考えられるので見逃さないように注意しましょう。首以外にもいぼが出来やすい部位はお腹まわりや太ももの付け根あたりなども含まれます。このような出来やすい部位の種類は主にアクロコルドンなどの種類が多いです。そして、いぼで悩まれている方は世の中に多く存在しています。そのため、いぼの治療にそこまで躊躇しなくても良いのではないかと考えます。だからこそ美容外科など多種のクリニックで治療やケアの種類が多く存在しているといえます。悩むよりも、キレイになるための改善策を試していくことが自分自身にとっても良い結果を生むといえるでしょう。